Blog

そでやま夢交流館(温泉施設「ふれあいランド高郷」内)での、「高郷プロジェクト – たかさとの夢でつながるアートプロジェクト展」の公開制作(2/18~20)と展示(2/21~27)が終了いたしました。

» さらに詳しく読む

喜多方プログラム「katugu – かつぐ」を進められてきた滝沢達史さん。
作品の舞台となった飯豊山への登山は2回目でした。

最初に登ったのは2013年、夏。
現在も続く「喜多方・夢・アートプロジェクト」内の「森ものがたり」というプロジェクトで、滝沢さんは飯豊山に登り「seou」という作品を制作しました。
なお、「森ものがたり」は、自然環境豊かな喜多方から、人と自然の関わりや、森の持つ役割について市民が触れる機会を提供すると共に、新たな価値観を付加して全国へ発信するプロジェクトです。

椅子をせおう

「seou」は、喜多方市の農家で使われてきた木製の椅子を背負い、喜多方にとって神聖な山である飯豊山に登るというもの。椅子という具体物を通して、土地の歴史を背負う意思を繋いでゆくことを体現した作品です。
この時は、滝沢さんも登山同行者も、飯豊山の登山は初めてで、椅子を背負って飯豊山を登りきる苦労は並々ならぬものがあったようです。

2回目の登山となる今回は、2014年の秋に行いました。
森のはこ舟アートプロジェクト、滝沢達史作品「katugu – かつぐ」。
2013年から1年経ち、〈背負う〉ことから〈かつぐ〉ことへと変えたことには、「ポジティブさ」や「人をかつぐ(だます)」ニュアンスを込めたいのだと、滝沢さんからお聞きしました。
木も生えず、また人も暮らせぬ山から見つめる森は、どんな姿をしているのでしょうか。

お多福ときつね

頂上に立つお多福ときつねの意味も、作品内にて明らかになります。

作品の公開日、いよいよ迫ってきました。
今週末、21日-22日はぜひ。
喜多方市美術館の向かい、蔵の里まで足をお運びください。
展示の詳しい日時はニュースページをご覧ください。

※なお、当日は隣会場で全国ラーメンフェスタを行なっており、駐車場が混み合うことが予想されます。出来る限り、乗り合わせて来ていただくようお願い致します。

(喜多方WG 佐川友美)

早春の高郷

高郷町は荻野にある漕艇場が有名で、町を東西に二分するように流れる阿賀川と、森とのコントラストが美しい町です。
2006年に高郷町は喜多方市と合併し、「村」から「町」になりました。

喜多方プログラムの「高郷プロジェクト」は、この地を舞台に進められています。
2014年夏から、秋、冬、2015年春を迎えるまでの約半年、高郷町に触れようとする試みを稲垣さんは重ねてきました。
展示を見る前に、リサーチの様子をご覧いただけると活動のつながりを感じていただけるかと思います。

» さらに詳しく読む

13喜多方シティエフエム

喜多方シティエフエムの「ろくさいライフ」番組内で、稲垣さん自ら展示の宣伝を行いました。

» さらに詳しく読む

2月2日~3日。
3月の成果報告会のための準備を進めています。
岩間さんは、食と踊り、歌の形式で独創的な発表を企んでいるようです。
楚々木集落に訪問し、楚々木の土地や住人の方に縁のある食材を教えていただきました。

» さらに詳しく読む

ページTOPへ