Blog

6月14日(日)、喜多方プログラム「楚々木樂舎」の打ち合わせが、いわき にて行われました。

この日は福島県内で実施されているアートプロジェクト「はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト」のイベント「第1回グランド・ラウンドテーブル in いわき」に岩間さんがご出演されるということで、会場となる「いわき芸術文化交流館アリオス」内に場所をお借りしての打ち合わせとなりました。
今年は楚々木の森を体験するワークショップなども実施される予定です。
たくさんの方に楚々木へ目を向けていただき、協力していただける方を募っていきたいと考えています。

「グランド・ラウンドテーブル」では「演劇」をテーマにした熱いお話しが展開。
岩間さんの他地域での活動や作品制作への想いに触れながら、
楚々木の棚田を舞台にした「演劇」が上演される日を、思い描いていました。

(喜多方WG 五十嵐恵太)

6月13日(土)、西会津町大山祇神社周辺にて、
西会津パートナーシッププログラム「草木をまとって山のかみさま」を開催致しました。

» さらに詳しく読む

昨年度に喜多方エリアで「Katugu-かつぐ」プロジェクトを展開された滝沢達史さん。
本年度は、喜多方・夢・アートプロジェクトの中で、「Agemos」という会津弁のタイトルで飯豊山を舞台とした作品を制作されることになりました。
森のはこ舟アートプロジェクトでは、パートナーシップ・プログラムとして「Agemos」の活動をお知らせさせていただきます。

6月3日(水)。
この日は撮影のために三度目の飯豊山登山を決行された滝沢さんが無事に下山をされ、報告会とささやかな宴が開かれました。

登山道にまだ残雪の残る今回の道程は、夏と秋に登ったこれまでと、また違った景色が向かえてくれたようです。
過去の2作品「seou」と「katugu」の映像も振り返りながら、飯豊山3部作の最後を飾る「Agemos」。
公開は秋頃の予定になっています。

(喜多方WG 五十嵐恵太)

ページTOPへ