Blog

PB075423
11月8日、11月29日。
11月は揚津集落にて恒例の「揚津棚田オーナー制度」行事で、そば打ち体験と日本酒仕込み体験がありました。高郷プロジェクトのフィールドワークとして、スタッフで参加してきました。

高郷のみならず、広く喜多方ではそばがおいしいのです。
11月8日のそば打ち体験では、オーナーさんが気持ち良くそばを打てるよう茹で湯を沸かしたりそば粉の準備をしたりするところから始まります。

» さらに詳しく読む

11月24日、西会津中学校の3年生を対象に、アーティストの村山修二郎さんがワークショップを開催しました。

th_PB245449

» さらに詳しく読む

th_PB215317
食の翻訳家/料理研究家の木村正晃さんを講師に向かえ、会津の郷土料理である「こづゆ」と、「にしんの山椒漬け」、「えごねり」の食材をつかった新たな料理を作るワークショップを開催しました!
食材の新たな組み合わせと面白さだけではなく、盛りつけも含めてまさに「海」と「山」が融合したような、街道のつながりを想起させるメニューとなりました。
» さらに詳しく読む

th_12314288_983153211742819_3617779781638518469_o
会津では、西会津町と喜多方市の西側、また、三島町でも西会津寄りの地域で主に今も食べられている「えご」。
エゴ草は高級食材で、特別の日に食べられることが多いものです。
この「幻のレストラン」プロジェクトは、西方街道と食文化を通じて山と海のつながりについて考えるというコンセプトで立ち上がったのですが、その発想の原点となったのも、この「えご」の存在なのです。

» さらに詳しく読む

PB145531
11月13日、11月14日と、稲垣さんが喜多方を訪れました。
今回は、高郷町の化石博物館「カイギュウランドたかさと」にて行われた、化石研究会のシンポジウム内での作品発表がメインです。また、フィールドワークとしてパークゴルフも行いました。

» さらに詳しく読む

th_IMG_4714

西会津町の出ヶ原(いずがはら)集落は、かつて会津における和紙の生産地として有名で、「出ヶ原紙」というブランド名で会津藩の公文書にも使われたほどのものでした。

» さらに詳しく読む

DSC_1948

10月30日、10月31日、11月1日と稲垣さんが喜多方にいらっしゃいました。
今回は「高郷プロジェクト・ビデオワークス」の展示と、高郷町主催のイベント「たかさとリバーサイドウォーク」への参加(※継続して行っているフィールドワーク)がメインです。

写真は10月31日-11月1日の「たかさとまち文化祭」に合わせ、会場の1つである高郷公民館にて展示された作品です。
公民館のテレビを使わせて頂き、あえてキャプションも何もなく、文化祭会場に溶け込ませるような手法をとりました。

» さらに詳しく読む

ページTOPへ