Blog

th_3

3月19日、20日にわたって「食の伝達・縄文ギフト」が開催されました。
西会津町と三島町には多くの縄文遺跡があり、当時はそれぞれの集落が周りの集落と交流しながら生活をしていたようです。日本各地から発掘された土器から見られる特徴の変化や流行り、勾玉の流通など、さまざまな点で縄文時代の人々が何らかの形で「情報の伝達·共有」をしていたことが見えてきます。

» さらに詳しく読む

th_photo_3

11月30日、西会津と三島のコラボレーションプロジェクト「縄文ギフト」に向けてリサーチ&勉強会を行いました。
縄文時代から現代へ向けてどのようなアートプロジェクトを発信することができるか、アーティストのEAT&ART TAROさんの協力を得てアイデアを出し合います。
今回は福島県立博物館専門学芸員・森幸彦先生のお話を聞きに伺いました。

» さらに詳しく読む

th_photo_9

10月16日、昨年まで西会津エリアプログラムで活動していただいた村山修二郎さんが、西会津国際芸術村でワークショップを開催。
認定NPO法人難民を助ける会(AAR JAPAN)の主催で、放射線量の高い地域の子どもたちに西会津の自然の中で遊ばせるという企画の一環で、緑画および草木塔づくりを行いました。

» さらに詳しく読む

th_18

9月22日、西会津町奥川・寺清水ひろばにて「森を漉く」ワークショップが行われました。

» さらに詳しく読む

th_16

7月30日(土)、今年度の西会津エリアプログラム「にしあいづ・縄文と森のがっこう」の一環として、「小さな土器を焼くワークショップ」が行われました。

» さらに詳しく読む

th_2

7月11日、縄文プロジェクトの「これから」を考えるため、西会津の縄文時代や縄文土器について勉強会を開催。
縄文土器修復など長年にわたって西会津町の縄文関係に携わっておられる佐藤光義さんを講師としてお招きしました。

» さらに詳しく読む

th_26

6月11日(土)。
西会津町大山祇神社周辺にて、
「森のはこ舟アートプロジェクト」西会津エリアパートナーシッププログラム「草木をまとって山のかみさま」を開催しました。

» さらに詳しく読む

th_7

本番前日はスタッフ総出で草花採取です。
朝から町中を駆け巡り、軽トラック2台がいっぱいになりました。

» さらに詳しく読む

「森のはこ舟アートプロジェクトのパートナーシッププログラム「草木をまとって山のかみさま」の季節が今年もやってきました。

» さらに詳しく読む

th_1

5月18日、西会津国際芸術村にて西会津ワーキンググループ会議が行われました。

» さらに詳しく読む

11月24日、西会津中学校の3年生を対象に、アーティストの村山修二郎さんがワークショップを開催しました。

th_PB245449

» さらに詳しく読む

th_IMG_4714

西会津町の出ヶ原(いずがはら)集落は、かつて会津における和紙の生産地として有名で、「出ヶ原紙」というブランド名で会津藩の公文書にも使われたほどのものでした。

» さらに詳しく読む

ページTOPへ