Blog

th_photo_9

10月16日、昨年まで西会津エリアプログラムで活動していただいた村山修二郎さんが、西会津国際芸術村でワークショップを開催。
認定NPO法人難民を助ける会(AAR JAPAN)の主催で、放射線量の高い地域の子どもたちに西会津の自然の中で遊ばせるという企画の一環で、緑画および草木塔づくりを行いました。

» さらに詳しく読む

th_26

6月11日(土)。
西会津町大山祇神社周辺にて、
「森のはこ舟アートプロジェクト」西会津エリアパートナーシッププログラム「草木をまとって山のかみさま」を開催しました。

» さらに詳しく読む

th_7

本番前日はスタッフ総出で草花採取です。
朝から町中を駆け巡り、軽トラック2台がいっぱいになりました。

» さらに詳しく読む

「森のはこ舟アートプロジェクトのパートナーシッププログラム「草木をまとって山のかみさま」の季節が今年もやってきました。

» さらに詳しく読む

th_IMG_4714

西会津町の出ヶ原(いずがはら)集落は、かつて会津における和紙の生産地として有名で、「出ヶ原紙」というブランド名で会津藩の公文書にも使われたほどのものでした。

» さらに詳しく読む

10月25日、パートナーシッププログラム「楚々木こども市」が開催され、子ども達の声が楚々木分校に響き渡りました。岩間さんは23日~26日の間、ワークショップの準備~片付け、楚々木樂舎の広報活動や今後に向けた打ち合わせと、喜多方で精力的な活動を展開していかれました。

» さらに詳しく読む

喜多方パートナーシップ・プログラム「画廊星醫院 展示企画 喜多方博物館 -五十嵐久悦と絵画- × 喜多方高校美術展」が8月2日(日)~8日(土)の日程で開催しております。

>画廊星醫院 展示 詳細はこちら

» さらに詳しく読む

7月28日、パートナーシップ・プログラム「楚々木の森」体験WSが実施されました。
このプログラムは「楚々木樂舎」とは別に、喜多方の地元有志で立ち上げられた企画となります。

当日は楚々木に子ども、大人あわせて20人が集合!
天候が危ぶまれる中での当日となりましたがなんとか持ちこたえ、
午前中は沢に入って水遊びをする体験も実施することができました。

» さらに詳しく読む

6月13日(土)、西会津町大山祇神社周辺にて、
西会津パートナーシッププログラム「草木をまとって山のかみさま」を開催致しました。

» さらに詳しく読む

昨年度に喜多方エリアで「Katugu-かつぐ」プロジェクトを展開された滝沢達史さん。
本年度は、喜多方・夢・アートプロジェクトの中で、「Agemos」という会津弁のタイトルで飯豊山を舞台とした作品を制作されることになりました。
森のはこ舟アートプロジェクトでは、パートナーシップ・プログラムとして「Agemos」の活動をお知らせさせていただきます。

6月3日(水)。
この日は撮影のために三度目の飯豊山登山を決行された滝沢さんが無事に下山をされ、報告会とささやかな宴が開かれました。

登山道にまだ残雪の残る今回の道程は、夏と秋に登ったこれまでと、また違った景色が向かえてくれたようです。
過去の2作品「seou」と「katugu」の映像も振り返りながら、飯豊山3部作の最後を飾る「Agemos」。
公開は秋頃の予定になっています。

(喜多方WG 五十嵐恵太)

ページTOPへ