森 光 水 -Natural Energy Valley MISHIMA-

今年で2回目となる自然エネルギーのみを利用した光の展覧会です。
今年度も逢坂卓郎を中心に筑波大学の村上史明や学生たちが三島町へ入り、地域の方々やNPO会津みしま自然エネルギー研究会との恊働でライトアート作品を制作します。雪国三島町の真っ白で美しい山村風景を、風土に即した自然エネルギーによってライトアップします。マイクロ水力発電や熱電発電を利用したライトアート展を是非ご覧ください!

逢坂 卓郎

宇宙線をLEDの光に変換する “宇宙線シリーズ”、18個の巨大な鏡が月光を捕らえる“ルナ-プロジェクト”は宇宙をテーマとした代表的な作品。2008 ~ 11年に国際宇宙ステーションで芸術実験を実施。ベルリン、パリなど国の内外で光の作品を発表。現在、筑波大学芸術系特命教授。

スケジュール

展覧会 2016年2月8日~14日


プレゼンテーション 2015年12月12、13日


リサーチ 2015年10月11、12日


関連ニュース

該当する記事がありません。

関連ブログ

「森・光・水 」筑波大生作品アイディア発表会

th_写真1逢坂卓郎さん、筑波大学の村上史明さん、そして村上さんのハイブリッドアート演習授業を履修している筑波大生が、12月12日・13日に、三島町川井地区に来訪しまし…

2015.12.13

「森・光・水 ~Natural Energy Valley MISHIMA~」が始動

昨年に続き、三島町で展開するプログラム「森・光・水 ~Natural Energy Valley MISHIMA~」。 今年は、三島町川井地区を舞台として、…

2015.10.12

ページTOPへ