森 光 水 -Natural Energy Valley MISHIMA-

アーティスト•逢坂卓郎、筑波大学、NPO会津みしま自然エネルギー研究会の恊働により初年度から開催してきた風土に即した自然エネルギーによるライトアートプロジェクト。3年目となる今年度は、これまでに制作してきた熱発電装置や太陽ソーラーなどを用いて、風土に即した自然エネルギーを「採集」し、その電力を用いて古民家の照明や光の作品を制作することで、震災以後のエネルギーとライフスタイルの在り方を模索していきます。

逢坂 卓郎

宇宙線をLEDの光に変換する “宇宙線シリーズ”、18個の巨大な鏡が月光を捕らえる“ルナ-プロジェクト”は宇宙をテーマとした代表的な作品。2008 ~ 11年に国際宇宙ステーションで芸術実験を実施。ベルリン、パリなど国の内外で光の作品を発表。現在、筑波大学芸術系特命教授。

スケジュール

2016年7月下旬 逢坂氏 現場視察


2016年8月〜 作品制作


2017年1月 成果発表展(荒屋敷古民家)


関連ニュース

該当する記事がありません。

関連ブログ

該当する記事がありません。

ページTOPへ