縄文ギフト

隣接する西会津町と三島町。「縄文時代もきっと親密な関係にあったのでは?」という想像のもと、それぞれの町の縄文時代の特産品についてリサーチなどを行い、ギフトを作成。互いに贈り合うことで、原生林が広がる当時の両町の姿に思いを馳せるとともに、どのようなコミュニケーションが行われていたかについて考えていきます。

EAT & ART TARO

神奈川県生まれ。アーティスト。
食を楽しみ、発見する「場」の創作や「仕組み」を生み出すアート活動を展開。これまでの主な活動に、2009年墨田/墨東まち見世「向島缶詰アーカイブ」、2012年、新潟県/越後妻有トリエンナーレ「越後妻有フード記」、2013年、香川県/瀬戸内国際芸術祭「島スープ」、2014年千葉県/中房総国際芸術祭市原アート×ミックス「おにぎりのための、毎週運動会」など。現在、全国各地でプロジェクト進行中。

関連ニュース

該当する記事がありません。

関連ブログ

西会津×三島プログラム「縄文ギフト」リサーチ&勉強会

th_photo_311月30日、西会津と三島のコラボレーションプロジェクト「縄文ギフト」に向けてリサーチ&勉強会を行いました。 縄文時代から現代へ向けてどのようなア…

2016.11.30

ページTOPへ